2013年03月02日

お食い初め

赤ちゃんの祝い事のひとつで晴れ
晴れ生後百日または百二十日目に 『初めて母乳以外の食べ物』を用意し、食
べさせるまねをします。赤ちゃんの健やかな成長と晴れ
ひらめき「一生食べ物に困らないようにと」願う日本の伝統的な儀式です。


『お食い初め』は平安時代の五十日(いか)、百日(ももか)の儀式ひらめき
また、魚や魚肉を食べさせる、ひらめき魚味始め(まみはじめ)という儀式から
始まったと伝えられていますひらめき
晴れ地方によっては百十日目におこなうところもあります。
晴れその呼び名も『食べ始め』『箸初め』、『箸揃え』『箸立て』
『真名初め』などと呼ばれていますひらめき
晴れ現在では古くからのしきたり通りでなくても、
おおよそ9割のひらめきご家庭や料理屋さんなどでお祝いをされています。



お食い初め料理

お食い初め料理
焼鯛29cm+お吸い物+手形足形セット付のお食い初めセット。



晴れ一般に赤飯、焼き物、汁物など一汁三菜です。
また、リーダー(頭)になれるようにとひらめき
ひらめき金頭(ホウボウ)という魚を添えることもあります。
かつて京都では、魚屋さんで金頭を借りてひらめき
晴れ手をつけづに終わったら返すということがあったそうです。


『一粒なめ』といって、ご飯粒を一粒なめさせる地域がありますひらめき
ひらめきこれは、かつてお米には神から授けられた特別な呪力があると考えられていたため、
赤ちゃんに力を与えるという意味があったと晴れ思われます。


歯固めの儀といって、小石を三個用意しひらめき
赤ちゃんにかませて晴れ「歯が丈夫になるように」と祈願する風習があります。
 産土神である神社か、川原で拾ってきます。 私の住んでいる京都ではひらめき
ひらめき鴨川から拾ってくる方が多いようです。

晴れ正式には赤(茶系)、ひらめき白、黒の三色の石を準備します。
この石は半紙に包んで臍の緒と一緒に保存しておきます。ひらめき
晴れ水がめに後々まで沈めておくという地域もあるようです。
この石は子供がひきつけをおこした時にひらめき舐めさせたということです。

もちろん俗信でしょうが、晴れそこには健やかな成長を願う思いが
ひらめきこめられているのではないでしょうか。
また、地方地域によっては碁石やゆでた蛸の足をかませます晴れ



お食い初め






















































こどもの日

ゴールデンウィーク

お食い初め 通販(百日祝い)

入梅

七夕

お食い初め通販

お食い初めケータリング

父の日

お食い初め料理

百日祝い(お食い初め)

お食い初め 料理

お食い初め やり方



【関連する記事】
posted by お食い初め食器 at 13:45| お食い初めやり方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。